PR

マイ・セカンド・アオハルをU-NEXTで全話無料視聴!?動画見逃し配信の極意

U-NEXT配信動画

TBSの火曜ドラマ枠で放送されているドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル・マイセカンドアオハル)」1話、初回放送から最終回・最終話結末まで全話をU-NEXT(ユーネクスト)の配信で無料視聴する方法を紹介していきたいと思います。

今の時代、テレビで視聴するのが全てではなく、TVer(ティーバー)などの動画配信・見逃し配信などを利用して楽しんだり、スマホやパソコン、タブレットでテレビとリアルタイムの同時配信で視聴するのが一般的になってきています。

YouTube(ユーチューブ)やbilibili(ビリビリ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9tsu、miomio、Pandora(パンドラ)などの違法アップロード動画を探して、リスクを負ってまで視聴するのもこのご時世怖いですよね。

テレビの再放送を待っていても、再放送を行ってくれるかもわからないですよね?

U
U

そこで今回ご紹介する「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」の動画配信なのですが、U-NEXT(ユーネクスト)で配信されています!
U-NEXT(ユーネクスト)の登録後無料期間を利用すれば、過去放送回まで実質無料で楽しむことができます!

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」のあらすじ・ネタバレ

主人公・白玉佐弥子(しらたま・さやこ)は、昔から絶妙に「運」と「間」が悪く、学歴もお金もない社会人。建築について学びたいと大学受験に挑むも失敗。以来、抱き続けている「こんなはずじゃなかった」という想いを胸にしまい、このまま低空飛行な人生を送っていくのか・・・と覚悟した矢先、想像以上にドン底の30歳を迎えてしまう。
そんな中、佐弥子はひょんなことから大学生の小笠原拓(おがさわら・たく)と出会う。佐弥子が「あのとき大学に行けていれば、今とは違った人生があったのに」と胸の内を打ち明けると、拓は「今からでも遅くないんじゃない? なればいいじゃん、大学生」と言い放つ。拓のこの一言をきっかけに佐弥子の運命が大きく動き始める…!
一度は諦めた「建築家」の夢。佐弥子はその夢を掴む第一歩として学び直しを決意し、かつて行きたかった大学の入学を目指す。猛勉強の末、晴れて合格し、同じ建築学科の“年下の先輩”として出会ったのは、あのとき自分の背中を押してくれた拓だった…。運命の再会を果たした二人の関係は年の差の“友情”止まりか、それとも究極の“恋”へと発展していくのか?

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」1話のあらすじ・ネタバレ

非正規雇用歴12年目に突入した白玉佐弥子(広瀬アリス)の人生は、絶妙な運のなさと間の悪さの連続だった。富士市で土産物店を営む実家は貧しかったが、佐弥子は高校の担任教師から受験を進められ、建築の勉強がしたいと潮海大学の受験を決意する。そして迎えた受験当日、予想外の出来事により受験に失敗。貧乏が故に浪人生活も叶わず、佐弥子はそのままの勢いで上京して今の職に就いたのだった。

思い描いていたキラキラ東京ライフとは程遠い極めて質素な生活を送っていた佐弥子は、度重なる不運に見舞われ、想像以上にどん底の30歳を迎えてしまう。そんな矢先、更なるアクシデントに巻き込まれた佐弥子は、ひょんなことから小笠原拓(道枝駿佑)と出会う。拓が建築系の大学に通っていると知った佐弥子は、愚痴交じりに大学への未練を打ち明ける。拓はそんな佐弥子に、今からでも大学生になればいいと言い放つ。

拓のこの一言をきっかけに佐弥子の運命が大きく動き始める――!

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」2話のあらすじ・ネタバレ

「キャンパスラブは待ったなし!」

ファミリ家で、まさかの再会を果たした佐弥子(広瀬アリス)と日向祥吾(安藤政信)。佐弥子がすっぴんかつ気の抜けた格好というのを一切気にすることなく、日向は佐弥子との再会を喜ぶ。一方、人違いだと一目散にその場を走り去る佐弥子。そんな佐弥子の動揺を、拓(道枝駿佑)は見逃さなかった。
そんな中、設計演習の課題がうまくいかず悩む佐弥子。下田教授(板尾創路)から猛烈なダメ出しをくらい、これ以上ないくらい落ち込む佐弥子の前に現れた拓は、佐弥子の作った課題を見ながら真剣にアドバイスをして…。

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」3話のあらすじ・ネタバレ

「ラブスクエアは波乱の幕開け!?」

佐弥子(広瀬アリス)は拓(道枝駿佑)とキイナ(伊原六花)が付き合っているのではないかと疑っていた。そんな中、サグラダファミリ家では拓のコンペ入賞を祝う酒盛りが行われる。そこで佐弥子は拓から、キイナとの関係を打ち明けられる。
そんなある日、佐弥子は長年使っていたラップトップを壊してしまい、日向(安藤政信)に家事代行アルバイトを紹介してもらうことに。しかし、バイトに夢中になるがあまり夏休みの課題は滞り、コンペの準備も全く進められずにいた。そんな佐弥子を見かねた日向は休日、美術館に誘う。「これはデート!?」と浮き足立つ佐弥子は、完璧なデートエディションで待ち合わせ場所に向かうが…。
さらにお盆でみんなが帰省する中、シェアハウスに2人きりになってしまった佐弥子と拓。2人はひょんなことから言い合いになってしまう。

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」4話のあらすじ・ネタバレ

「ラブスクランブル!何かが起こる夜」

佐弥子(広瀬アリス)が不安になりながらひとりレストランで日向(安藤政信)を待っていると、日向から仕事で急にトラブルになったとの連絡が。ホッとした矢先、電話口から女性の声が聞こえ佐弥子は憤りとも落胆とも何ともいえない気持ちになっていた。一方、日向から凛子(山本未來)のせいでデートをすっぽかしたと聞いた真凛(飯沼愛)は怒りをあらわにし、日向に再び佐弥子を誘うよう促していた。
サグラダファミリ家では、キイナ(伊原六花)のバースデーパーティーの準備が進められていた。誕生日当日はキイナに予定があると知り、拓(道枝駿佑)はどこか浮かない表情に。キイナへの想いを募らせる拓は、ついに想いを打ち明けようと佐弥子の力を借りて誕生日プレゼントを選ぶことに。初めて二人で出かけた佐弥子と拓は楽しいひと時を過ごし、お互いの恋を応援する。
そんなある日、日向から先日の埋め合わせをしたいと連絡をもらった佐弥子。デート当日、改めてオシャレをして車で迎えに来てくれた日向の元へ向かうと、そこにはなぜか凛子の姿もあり・・・!?

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」5話のあらすじ・ネタバレ

「キスの行方―溢れ出す想い!!」

ずぶ濡れのまま銭湯へ向かった佐弥子(広瀬アリス)と拓(道枝駿佑)。風呂で身体を温めながらキスしたことをそれぞれ振り返り、これからどうするべきかと悩んでいた。佐弥子は淡い恋心に気づき始めるが、何事もなかったかのように振る舞う拓を見て、自分の気持ちに蓋をすることを決意する。しかし、拓への思いは募っていく一方だった。

そして季節は変わり、いつもと変わらない日常を過ごしている佐弥子。そんな中、キイナ(伊原六花)の元にとある封筒が届く。偶然その中身を見てしまった佐弥子は、キイナがとんでもないことに巻き込まれていることを知り…。

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」6話のあらすじ・ネタバレ

「恋愛禁止⁉どうする両想いの2人」

佐弥子(広瀬アリス)と拓(道枝駿佑)が一夜を明かしたところを真凛(飯沼愛)に見つかってしまい、サグラダファミリ家のルールを破った2人は今後について話し合いが必要になった。佐弥子は「好き」とは言われたが、「付き合おう」とは言われていないことが引っ掛かっていた。一方の拓も、以前「大人は“空気”で付き合い始める」と佐弥子に言われたことを思い返していて・・・。

その夜、あまりにもそっけない拓の態度から、佐弥子は自分が避けられていると感じてしまう。肝心の課題にも身が入らない佐弥子はこのままではヤバいと、キイナ(伊原六花)に拓のことを相談する。するとキイナは佐弥子のスマホから拓にメッセージを勝手に送ってしまう。翌日、佐弥子と拓は改めてお互いの関係について話し合うが、拓から衝撃のセリフが飛び出し・・・!?

さらに、とある人物との出会いを巡って2人の間に亀裂が入ってしまう――。

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」7話のあらすじ・ネタバレ

「15分拡大!不器用な愛のカタチ」

自分が手がけたリノベーションを、建築界の世界的巨匠・真保誠(石丸幹二)に褒められたことが原因で拓(道枝駿佑)と喧嘩をしてしまった佐弥子(広瀬アリス)。思わず拓の部屋を飛び出し、偶然通りかかった日向(安藤政信)に話を聞いてもらうと、日向は佐弥子の口から真保の名前が出たことが原因ではと言う。何か知っている様子の日向だったが、拓と真保の関係について佐弥子はそれ以上聞くことができなかった。

佐弥子がサグラダファミリ家に帰ると、そこには拓の姿が。拓は、佐弥子が建築再生の方面を目指すことに反対したわけではないと謝る。拓の気持ちを聞いた上で、佐弥子は思い切って拓が真保とどういう関係なのかと聞く。すると、衝撃的な答えが返ってきて・・・!?

そんな中、サグラダファミリ家では寛太(濱尾ノリタカ)に彼女ができそうだという話になるが、なぜか澄香(箭内夢菜)は不機嫌そうで・・・。

出演者
広瀬アリス 道枝駿佑(なにわ男子) 
伊原六花 飯沼愛 水沢林太郎 箭内夢菜 濱尾ノリタカ
イモトアヤコ 安藤政信 板尾創路

脚本
北川亜矢子

音楽
音楽:青木沙也果
主題歌:「I Wish」なにわ男子
挿入歌:「開青」asmi

スタッフ
プロデュース:塩村香里
演出:青山貴洋

公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/mysecondaoharu_tbs/
◇X (旧Twitter)
@myharu_tbs
https://twitter.com/myharu_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/myharu_tbs/
◇tiktok
https://www.tiktok.com/@myharu_tbs/

ハッシュタグ
#マイハル

制作
TBSスパークル

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は無料で利用できる

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」には登録後に無料期間があり、その間であれば無料でU-NEXT(ユーネクスト)内のアニメやドラマやバラエティ、そして映画、電子書籍などを楽しめます。

 

220,000 本以上が見放題!

最新レンタル作品も充実。
見放題のラインアップ数は断トツのNo.1。だから観たい作品を、たっぷり、お得に楽しめます。また、最新作のレンタルもぞくぞく配信。もう、観たい気分を我慢する必要はありません。

動画も書籍も

U-NEXTひとつでOK。
映画 / ドラマ / アニメはもちろん、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌も豊富にラインアップ。あなたの好きな作品に、きっと出会えます。

毎月もらえる

1,200ポイントでお得に。
毎月もらえる1,200円分のポイントは、最新映画のレンタルやマンガの購入に使えます。翌月に持ち越すこともできるので、お好きな作品にご利用ください。

※ポイントは最大90日まで持ち越し可能です。
※ファミリーアカウントでもご利用いただけます。

解約は

いつでもOK。
U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんので安心してお試しください。

そして「U-NEXT」では、パソコンやスマホ、タブレットだけでなくテレビの大画面で視聴することも可能なので、ゆっくりと大画面で、そして何処ででも動画を楽しむことが出来ます。

更に、「U-NEXT」はWi-Fi環境下などで動画をダウンロードしておけば、オフライン状態でも動画を楽しむことができます。

通信料などを深く気にせずに動画を楽しむために、ダウンロード機能は本当に便利です。

ファミリーアカウントをつくれば、もっとお得。

最⼤4つのアカウントがつくれるから、家族4⼈の利⽤なら1⼈あたり実質約500円。しかも、視聴のプライバシーが守られるので安⼼です。

そもそも「U-NEXT(ユーネクスト)」って?

U-NEXT(ユーネクスト)は、USEN-NEXT HOLDINGS子会社の株式会社U-NEXTが運営する日本のOTTコンテンツ・プラットフォーム。2007年6月にUSENによりGyaO NEXT(ギャオネクスト)として開始し、2009年12月にU-NEXTに名称を変更しました。

2023年3月31日付でプレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営している同業の動画配信サービス「Paravi」と経営統合することを同年2月17日に発表。存続会社はU-NEXT側となり、Paraviは同年7月頃を目処にU-NEXT内に移管した上でサービスを継続することになります。

つまり、TBSやテレビ東京で放送されているドラマやバラエティ番組の多くもU-NEXTで視聴可能になるという事です!

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」について

広瀬アリスがTBSドラマ初主演を務め、なにわ男子の道枝駿佑と共演する『マイ・セカンド・アオハル』が、10月期のTBS火曜ドラマ枠で放送されることが決定した。

本作は、やっかいな問題を抱えた30歳の主人公が、謎の大学生の一言をきっかけに学び直しを決意して大学生となり、令和の大学生たちに揉まれながら恋に、勉強に、夢に奮闘するラブコメディ。脚本は『東京ラブストーリー』(FOD)や『ゆるキャン△』(テレビ東京系)シリーズ、『自転車屋さんの高橋くん』(テレビ東京系)などの北川亜矢子が手がけ、完全オリジナルストーリーで描く。

主人公・白玉佐弥子は、昔から絶妙に“運”と“間”が悪く、学歴もお金もない社会人。建築について学びたいと大学受験に挑むも失敗。以来、抱き続けている「こんなはずじゃなかった」という想いを胸にしまい、このまま低空飛行な人生を送っていくのか……と覚悟した矢先、想像以上にドン底の30歳を迎えてしまう。そんな中、佐弥子はひょんなことから大学生の小笠原拓と出会う。佐弥子が「あのとき大学に行けていれば、今とは違った人生があったのに」と胸の内を打ち明けると、拓は「今からでも遅くないんじゃない? なればいいじゃん、大学生」と言い放つ。拓のこの一言をきっかけに佐弥子の運命が大きく動き始める。佐弥子は猛勉強の末に大学に合格、同じ建築学科の“年下の先輩”として拓と再会するのだった。

主人公となる30歳の大学生・佐弥子を広瀬、佐弥子の運命を大きく左右する大学生・拓を道枝が演じる。広瀬は本作がTBSドラマ初主演、道枝はなにわ男子としてデビュー後、TBSドラマ初出演となる。

今作が初共演となる広瀬と道枝。初対面の2人は、佐弥子と拓の出会いをイメージした情報解禁用の写真撮影に挑んだ。2人とも緊張した面持ちだったが、撮影を進めるうちに徐々に和やかな雰囲気に。広瀬と道枝によって息が吹き込まれた佐弥子と拓が、運命の出会いからどのような関係性に変化し“アオハル”を届けるのか。

●塩村香里(プロデューサー)コメント
“広瀬アリスさんと道枝駿佑さんで、青春ラブコメディ!!” ならば、きっと胸躍る火曜ドラマに違いない! そんなご期待を決して裏切らない、ポジティブでワクワクするノンストップラブコメディが始まります。このドラマのテーマは、「今、一歩踏み出す勇気」。恋愛、進学、仕事、結婚…人生にはいろいろなターニングポイントがありますが、私たちは過去に戻ってやり直すことはできません。しかし、後悔を乗り越えていくために、「今」一歩踏み出し、人生を変えていくことはできる! そんなメッセージをお届けしたいと思い、このドラマを企画しました。「このまま低空飛行の人生でも仕方がない」と諦めかけていた主人公·佐弥子。彼女は、自分と全く違う価値観を持つ大学生・拓の一言をきっかけに、大きな一歩を踏み出します。そして、勉強だけでなく、恋や友情、新たな夢に出会い、それまでは想像もしなかった第二の人生に突き進んでいくのです。そんな佐弥子を演じていただくのは、広瀬アリスさん。明るくエネルギッシュで、バイタリティ溢れる広瀬さんのイメージは、佐弥子そのものです。誰もが応援したくなるキュートな主人公を演じていただけると思っています。そして、佐弥子の運命を変える大学生・拓には、なにわ男子の道枝駿佑さん。 道枝さんには、今までのイメージとは違うクールでぶっきらぼうな大学生に挑戦していただき、佐弥子の気持ちをかき乱していただきます。今からお二人の共演がどういう化学反応を起こすか楽しみです。果たして、佐弥子は、“第二の青春”でどう変化し、選択し、未来へ羽ばたいていくのか――。佐弥子と拓の関係は――? 秋の夜を彩る、二人のアオハルストーリーを一緒に見守っていただけたらうれしく思います。

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

ドラマ「マイ・セカンド・アオハル(マイハル)」の出演者について

●広瀬アリス(白玉佐弥子役)コメント
・オファーを受けたときの気持ち
火曜ドラマ枠は私も見ていることが多く、妹もお世話になっていたのでぜひやってみたいなと思いました。

・脚本を読んだ感想
よく笑いました。私が演じる佐弥子のワードセンスが私そっくりで、自分を見ているかのようでしたね。

・演じる白玉佐弥子はどのような役柄か
猪突猛進な部分もありつつ、器用ではないからこそすごく計画を立てて頑張るタイプですが、人生であと一歩だよなっていうちょっと惜しい女性。ここぞという時に必ずミスをして全部台無しになってしまうみたいな。見ていてかわいらしく、彼女がいることによってストーリーがコロコロ変わっていくので、とても面白くて楽しい女の子だなと思いました。佐弥子は30歳で、私自身も29歳になるので、脚本を読んでいて佐弥子と同じ気持ちになることも多いです。

・初共演となる道枝駿佑の印象
初めてお会いして、キラキラしてるなって思いました。昔からテレビに出られているのも知っていたので、お会いする前に何本か映画を拝見しました。人間観察のつもりで見ていたんですけど、最後はキュンキュンして終わっちゃいました。若さとキラキラを放っていて、これからこの輝きに耐えられるかどうか不安です(笑)。

・タイトルにちなんだ“アオハル”な思い出
授業中に近くの席の友達と教科書で隠しながらずっと漫画を読んでいたのが楽しかったです。先生が黒板を向いた瞬間にチラチラ気にしながら読んでいて……。今思えばですけど、いつもよりスカートを短くして遊びに行ったりとか、校則をちょっと破っていたことが楽しかったかも。

・視聴者へのメッセージ
もちろんラブコメ部分もぜひキュンキュンしていただきたいですし、佐弥子が30歳から大学生になるということで、「何歳からでも挑戦、チャレンジはできる」という彼女の成長物語でもありますので、ぜひ楽しみにしていてください!

●道枝駿佑(なにわ男子)(小笠原拓役)コメント
・オファーを受けたときの気持ち
火曜ドラマ枠は僕の先輩方もお世話になっていて、その先輩方が視聴者の方々をキュンキュンさせているというイメージがすごくあり、僕もいつか出たいと思っていた憧れの枠だったのですごくうれしかったです。僕も皆さんをキュンキュンさせる自信はあります!(笑) 精一杯頑張ります!

・脚本を読んだ感想
新感覚なラブコメになりそうな感じがしました。社会人で色々経験していた女性が、もう一度夢を追いかけるために大学に入るというのが新しいなと。周りの若い世代の大学生たちに揉まれながら、どう物語が発展していくのか、すごくワクワクしました。

・演じる小笠原拓はどのような役柄か
いつも自然体でめちゃくちゃクールな建築学生。拓のかわいらしさは狙ってなく自然に出ていると思っています。料理もできるみたいなんですけど、僕は全然料理ができないので練習しようかなと。料理の得意なメンバーの大橋和也くんに教えてもらおうかなと思っています。拓は自分にないものをいっぱい持っているので、どう演じようかなと思っている最中ですが、監督からは等身大でやってくださいと言っていただいたので、自分なりの拓を作っていけたらなと思っています。

・初共演となる広瀬アリスの印象
初めてお会いしましたが、すごくフランクな方という印象です。僕も普段テレビやドラマで見させていただいていて役のイメージが強かったのですが、実際にお会いしてみるとすごくラフに話しかけてくださって、とても話しやすい方だなと思いました。

・タイトルにちなんだ“アオハル”な思い出
高校時代に学校の芝生で昼休みにご飯を食べたあと友達と一緒に座って話したり、サッカーを一緒にやったりしていたのが“アオハル”だったなと思います。

・視聴者へのメッセージ
みなさんをキュンキュンさせられるように頑張ります!!

●伊原六花(桂山キイナ役)コメント
火曜22時のドラマは、タイトルを聞くだけで華やかでドキドキするイメージがあります。今回の『マイ・セカンド・アオハル』も、タイトルを聞いただけでワクワクして、どんなストーリーで、どう生きられるのかすごく楽しみです。
テンポが絶妙な掛け合いと、ワードセンスの光る言葉たちに台本を読む手が止まりません。
佐弥子さんをはじめエネルギーの強い面々が揃うシーンは特に楽しみにしています。私にとって今までにない役どころなので、楽しみながら試行錯誤していきたいです! このワクワクする空間を火曜日の22時、皆さんと共有できたらなと思います。

●飯沼愛(沢島真凛役)コメント
(出演が決まったときは)飛び跳ねるほどうれしかったです! 私自身火ドラのファンで、いつかは自分も出演したいなと1つの目標でもありました。視聴者として毎クール楽しみにしていたこの枠に今回キャストとして参加させていただけて、とても光栄です。
脚本を読んだときは、まさに“青春”を感じました。サグラダファミリ家のメンバーは本当に個性豊かで、皆が集まったらどんな空気感になるんだろうと想像がつかずワクワクしました。私が演じさせていただく真凛は共感できる部分も沢山あり、演じられることがとてもうれしいですし、はやく皆さんとお芝居がしたいなと撮影がより楽しみになりました!
私自身も真凛と、そして観てくださる方と一緒に青春できたらいいなと思っています。より多くの方に毎週火曜日が楽しみ!と思っていただけるように精一杯頑張ります!

●水沢林太郎(峯川龍之介役)コメント
(出演が決まったときは)とてもうれしかったです! 火曜ドラマ枠はいつか出てみたいなと思っていたので、「遂に!」って思いました! 脚本を読んで、年齢、性別関係なくそれぞれが「夢」に向かって突き進んでいく姿や、様々な多様性を描いている、これまでとはまた違ったラブコメになるのかなと思います。
僕が演じる龍之介は、すごく繊細な男の子だなと思いました。きっと僕が思っているよりも大人で多感な大学生です。峯川龍之介が視聴者の皆様に愛していただけるように、そして、個性豊かなキャラクターたちのラブコメを皆様に楽しんでいただけるように精一杯頑張っていきたいと思っています! 笑って、泣ける、この作品をどうぞ楽しみにしていてください!

●箭内夢菜(浅田澄香役)コメント
今回「ギャル」の役ということでお話をいただいて、率直にすごくうれしかったです!! 私自身、ギャルが好きでずっと挑戦してみたかった役どころだったので、新しい挑戦でとてもワクワクしています。
脚本家の北川亜矢子さんとご一緒させていただくのは二作品目なのですが、セリフの言い回しやワードセンスがとても好きで、読んでいて楽しい台本でした。脚本で描かれている一人一人のキャラクターが、映像になったらどのように表現されるのか、想像するのが楽しかったです♪
シェアハウスをしている個性豊かな大学生の若々しい会話や、佐弥子と拓のラブストーリーが組み合わさってどの年代の方が見ても楽しいラブコメディドラマだと思います! とっても元気なギャルを演じさせていただきますので、たくさんの方に笑顔になっていただけたらと思います。お楽しみに~♪

●濱尾ノリタカ(田上寛太役)コメント
(出演が決まったときは)身が引き締まる思いでした。まだまだ半人前な僕が今こうしてキャスティングしていただいた背景には、色々な方のお力添えがあったのだと思うと共に、その想いに応えなければと。そのためにも、お芝居をいつも通りに楽しむことが一番だと思うので、かたくなりすぎずに自分らしく臨みたいと思います。
「学び直し」×「建築」という題材がとても面白いです! 大人になってからこそ勉強するべきだ、とまさしく今そう感じており、僕自身学びたいことがたくさんあります。それを体現しようとする佐弥子さんは、とっても応援したくなる素敵な主人公です! そして、実は日本は世界に誇る建築大国なのでございます。僕も今回の作品を通して改めて建築に触れましたが、大変興味深いなと感じています。
僕が演じる田上寛太は、サグラダファミリ家の中では「皆んなの兄貴」的な存在で、器の大きい素敵な青年です。寛太らしい「兄貴感」と「男感」、そして彼の建築に対する真剣な想い。これらを作品のため、何より田上寛太のためにもしっかりと皆様にお届けできるように全力を尽くします!

■イモトアヤコ(根村眞子役)コメント
●出演が決まったときの気持ち
TBS火曜10時のドラマといえば、華やかでキラキラでキュンキュンさせてくれるイメージ。そこに自分が出演できるなんてと驚きでした。

●脚本を読んだ感想
わたし自身はキュンキュンシーンとは今のところ無縁な役柄になっておりますが、演じる眞子さんはまさに今わたしが心の底から憧れる人です。足るを知っていてどんなことも面白がれる女性。役を通して少しでも自分自身にも落とし込めたらなぁと思っています。

●視聴者へのメッセージ
キュンキュンとドキドキでもう心がもたなくなる人が続出すると思うので、合間にクスッと笑えるような時間を広瀬アリスさん演じる白玉佐弥子さんと一緒に楽しんで作っていけるよう頑張ります!

■ 安藤政信 コメント
主演の広瀬アリスさんのことを個人的に知っていて、CMなどでもキュートな芝居をしているので一度芝居セッションをちゃんとしてみたいと思っていました。
実際にお会いすると、広瀬アリスさんは裏表がない性格で、芝居でも芝居じゃなくてもナチュラルにいる人で、すごく入りやすい壁のない人だと思いました。
(本作を演じるにあたって)この歳になると、若者を諭すセリフが求められてくるなと思います。芝居とリアリティを台詞の中にどうやって落とし込んで表現するか、ということが大事な気がします。

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

けど・・・TVerでも見れるんじゃね?

それを言っちゃ~おしまいだよ!という感じではありますが、もちろん見逃し配信は無料でTVerで見ることも可能です。

しかし、しかしながらTVerは最強というわけではありません。

テレビ放送されてから殆どのコンテンツが1週間で消えてしまいます。

そんなケチなことしなくても・・・と思われるかもしれませんが、そういうものなので仕方ありません。

期間限定でのみ配信されるTVerでは落ち着いて楽しめないですよね?

ですので、そういう時にU-NEXTが便利なのです!

もちろんU-NEXTも永久的に動画が配信されているわけでなく、定期的に配信終了や、配信再開を繰り返しています。

それでもTVerよりは安定的に配信されているので、U-NEXTを試すのが断然おすすめです!

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

U-NEXTで見逃し配信も含め動画を楽しもう!

U-NEXTでならあらゆる動画が配信されていて、電子書籍まで楽しむことができます。

今では殆どの人が持っているスマホ一台でU-NEXTを利用すればどんな楽しみ方もできます。

U
U

気になる動画を隙間時間に楽しむことこそが、現代人の息抜きの一つでもありますね!

U-NEXTのメリットを生かして、動画や電子書籍を楽しんでいきましょう!

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」はNHKオンデマンドも視聴可能

「U-NEXT(ユーネクスト)」では、NHKまるごと見放題パックを利用すればNHKオンデマンドで配信されている動画も見放題です。

NHKで放送されたドラマから、ドキュメンタリーや情報バラエティまで、さまざまなNHKオンデマンドの番組が見放題で楽しめるサービスです。

■メリット
NHKオンデマンドは単話での有料レンタルも可能ですが、NHKまるごと見放題パックを購入いただくと、本数制限なく「見放題」で作品を楽しめます。

もちろん大人気の朝ドラや、大河ドラマも視聴可能です。

「朝ドラ(連続テレビ小説)」について

「朝ドラ(連続テレビ小説)」は、1961年度(昭和36年度)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。

NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称である(夜の時間帯の帯ドラマ枠としては、過去に銀河ドラマ→銀河テレビ小説、ドラマ新銀河、夜の連続ドラマ(よるドラ)が存在した)。主人公(多くの場合は女性)の半生・生涯を中心に、それをとりまく家族や家庭を描いたホームドラマの体裁がほとんどです。

『大河ドラマ』と並んで、NHK、ひいては日本のドラマの代表格としてメディアでも取り上げられ、帯ドラマでは唯一、スポーツ紙等で週ごとの視聴率の記された記事が公開されています(ただし、各作品の最終週についてはこの限りではない)。放送形態は数度の変遷を経て、2020年現在は1回15分・週5話・半年間(26週・130回前後)です。放送開始以来、自然災害時における短期間の放送中断を除き、枠としての中断は一度もありません。

2023年1月から、NHKで放送されるテレビドラマにおいて「NHK DRAMA」の統一ロゴマークが表示されるようになったものの、当シリーズの「舞いあがれ!」ではこのテロップが表示されませんでした。

元々は戦後に毎朝ラジオで小説が朗読されており、この枠名が「連続ラジオ小説」でした。この枠が小説の朗読からラジオドラマに変更されました。さらにテレビ放送開始に伴ってこの枠がテレビドラマに変更されました。この経緯から「連続テレビ小説」という枠名になっています。ラジオドラマの名残から、初期のものは台詞よりもナレーションが多用されました。その後、現代に至るまで全作品でナレーションが置かれています。また、ドラマとしての原典・雛形は十朱幸代や岩下志麻らを輩出したNHKの帯ドラマ『バス通り裏』(1958年 – 1963年、月 – 金曜19時15分 – 19時30分)が挙げられます。

1961年度、第1作『娘と私』放送開始。本作は月 – 金の週5回放送で、放送時間も8時40分 – 9時の20分でした。第2作『あしたの風』から月 – 土の週6回放送、放送時間8時15分 – 8時30分の15分で固定され、以降約半世紀にわたって一切変更されませんでた。放送期間は、4月 – 3月の1年間。1年間の長丁場であったため出演者を拘束する期間が長く、その撮影も当時の技術ではVTRの編集ができなかったため、1話15分を全て連続撮影し失敗すると初めから撮り直しする、撮って出しにほぼ類似したスタイルなど負担が大くありました。特に毎年の主演女優は必ずと言ってよいほど途中で体調を崩していました。さらに『鳩子の海』(1974年度)では脚本家の林秀彦が極端な遅筆で撮影に支障を来しました。

これがきっかけとなって、次作『水色の時』から1作につき半年となり、さらに前期(4月 – 9月)放送作品をNHK放送センター制作、後期(10月 – 3月)放送作品をNHK大阪放送局制作とすることで、余裕をもって制作に取り組めるようになる(通常簡略化して、それぞれ「東京制作」、「大阪制作」と呼ばれます。本稿もそれに従う)。以降、NHK開局周年記念作などでまれに1年作品が作られた例外を除いて、東京・大阪の交互制作の体制が維持されます。2000年代後半に視聴率が著しく低下し、個別の回では視聴率が10%を切る作品も出てきたが、『ゲゲゲの女房』(2010年度前期)から放送時間を15分繰り上げるとともに視聴率は復調傾向にあります。

『エール』(2020年度前期)から4K制作となりました。また、NHKが推進する「働き方改革」による制作現場の負担軽減を背景に、4K制作にともなう制作時間および制作費の増大への対策として週5回放送の検討が進められ、2019年7月24日の定例会見で、木田幸紀放送総局長が正式決定を発表しました。

朝ドラ動画情報はこちらから

連続テレビ小説動画情報一覧

「大河ドラマ」について

「大河ドラマ」は、1963年(昭和38年)から放送されているNHKによる歴史ドラマシリーズの総称。略称は大河、大ドラ。 日本史上実在した人物の生涯を描いた作品や群像劇が多いが、ドラマオリジナルの架空の人物を通して時代そのものを描き出す作品もあります。

放送形態は1回45分・日曜夜・1年間(50回前後)。

主人公には侍やその周辺の人物が選ばれることが多いが、商人や作家などの作品もあります。逆に、後白河天皇・後醍醐天皇・明治天皇などの日本史を語る際に欠かせない歴代天皇は重要な登場人物のひとりとされても、主役に選ばれたケースは60余作で一度もありません。

第1作が放送された1963年当時は1月開始ではなく、4月の番組改編期からスタートしていました。

第1作放送開始以来、後述のように変則的な制作や放映クールが採用されたことはあっても枠としての中断はなく、『連続テレビ小説』と並んでNHKひいては日本ドラマの代表格としてメディアなどでも取り上げられ、視聴率の変遷が話題になることも多いです。

井伊直弼、原田甲斐、平清盛、平将門、柳沢吉保、北条政子、足利尊氏、日野富子、明智光秀等々、一般的には歴史上ネガティブなイメージを持たれた人物を主人公に据え、新解釈によってその人物の人間的側面を掘り下げて魅力的に描く手法(そういった原作を採用する事)が度々採られてきました。一方、主人公をヒーロー/ヒロインまたは現代的感覚を持った人物として描こうとするため、その人物の暗い側面に関しての描写が曖昧であったり、歴史学上の定説と離れた演出が加えられることもあります。このことに関し、NHK側は「大河ドラマはドキュメンタリーではなくあくまでドラマであり、演出も必要である」と述べています。また、『鎌倉殿の13人』の歴史考証者の坂井孝一は、作業内容は、スタッフに歴史の大枠や特徴は説明して、脚本の不自然な点や言葉をチェックして提言するが、歴史的な厳密さより研究とは別だと製作側のドラマとしての脚本の話の面白さを優先する場合もあるそうです。なお、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』のように、「このドラマは史実を基にしたフィクションです」という注釈テロップが付けられることもあります。『徳川慶喜』のように、ドラマでの描写を機に、それまで否定的に見られていた人物の評価が見直されたり、『新選組!』の様に歴史学における再研究が行われるようになる事もあります。

「大坂城」や「屋敷門の炎上」、「関ヶ原の戦い」など、過去の作品で使用した場面が何度も使われるケースがあります。題材となる人物やテーマに所縁のある地方とタイアップする事も多いです。また、歴史上の人物の節目に因んで、テーマが選択される事もあります。三谷幸喜が奈良時代の舞台設定を提案するも、戦国時代や江戸時代などのように、衣装やセットを使いまわしできず全部新作しなければならず金がかかると拒否された事例もあり、狭い歴史時代範囲で制作されています。

スタイルとしては一代記形式が多く、序盤には子役を立てて主人公の出生から始める形が多いが、初期には主人公の壮年期からスタートするものもありました。また、忠臣蔵もの(特に最初の『赤穂浪士』)など、比較的短時日のドラマを1年間かけて描くものも少数ながら存在します。

『山河燃ゆ』と『いのち』の2作品は例外で、完全なフィクションの現代劇に分類されていました。

昭和の頃は、既存の歴史小説を原作としたドラマが比較的に多い一方オリジナル作品は稀でしたが、平成以降はオリジナル作品も制作されるようになりました。

大河ドラマ動画情報はこちらから

大河ドラマ動画情報一覧

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

 

U-NEXT(ユーネクスト)のよくある質問

U-NEXTとは?

株式会社USENで、2007年に始めた動画配信サービスです。現在は映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中。ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

なぜ見放題作品とレンタル作品があるの?

劇場公開から間もない最新作や、テレビ放送中のドラマ / アニメなど、ひとりひとりにお楽しみいただける作品をラインアップするためです。
毎月チャージされる1,200円分のU-NEXTポイントを使えば、最新映画なら約2本レンタル、マンガなら約2冊の購入に利用できます※。お気軽に、お得に、お楽しみください。

※作品によって必要なポイントが異なります。

無料トライアルは何が無料?

トライアル期間中は、月額料金が無料になります。
無料トライアル特典としてプレゼントされるU-NEXTポイントで、最新映画のレンタルやマンガの購入をすることも可能です。なお、お持ちのU-NEXTポイント以上のレンタルや購入をする場合は、別途料金が発生しますのでご注意ください。

最大40%※ポイント還元とは?

無料トライアルで特典としてプレゼントされるポイントや、無料トライアル終了後の継続利用で毎月もらえる1,200ポイントを超えて、最新映画のレンタルやマンガの購入をした場合、その金額の最大40%を32日後にポイントで還元します。

※iOSアプリのUコイン決済は20%のポイント還元です。
※Androidアプリ決済、キャリア決済、楽天ペイ決済はポイント還元の対象外です。
※U-NEXTポイントの消費はポイント還元の対象外です。
※ライブ配信作品、映画引換クーポン、NHKまるごと見放題パックの購入はポイント還元の対象外です。

フルHD画質 / 4K画質とは?

U-NEXTでは、Blu-ray Discに相当する高画質HD(1080p)配信に対応しており、レンタルDVDよりも美しい映像をお楽しみいただけます。
また一部の作品は、より画質の高い4Kにも対応しています。なお、通信速度が低下した際は、状況に応じて最適な画質に自動調整するため、余計なストレスを感じることなくご覧いただけます。

月額料金を支払うタイミングは?

無料トライアル終了日の翌日、それ以降は毎月1日に自動更新となり、このタイミングで月額料金が発生します。
引き落とし日は、ご登録されるお支払い方法により異なるため、別途ご確認ください。

いつでも解約できますか

お手続きいただくことで、いつでも解約できます。
無料トライアル期間中の解約であれば、月額料金が発生することもありませんので、ご安心ください。

「U-NEXT」はこれだけのメリットがある動画配信サービスなので、おすすめです!

U-NEXT

U-NEXTの登録・配信動画はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました